分からない。運営の判断が理解不能【基準】

メイプルストーリーM

最初に言っておく、
サムネイルの阿部子は釣りだ。
この記事では最近のネクソンジャパン支部の
運営するメイプルストーリーMの運営に関する疑問に関する記事だ!

なぜいまさらこんなことをネタにするのかといえば、
運営のやり方について疑問になることがあったからだ。
ではどうぞ。暇な時に読んでください。

運営について考えた疑問

メイプルストーリーMはネクソンによるスマホ版メイプルストーリーだが、
モバイルながらメイプルストーリー本来の面白さを随分と引き出しているいい作品。
だがしかし〜最近のネクソンにはどうも納得いかない箇所が何点かある。

BAN基準について

まあ言いたいことといえば、主にこれで、
ネクソンはメイプルストーリーMに置いて、
不具合の不正利用とかに思えるユーザーをまず最初に
BAN(いわゆる一時的なサービス利用停止)にして調査をして、
再度解放させるという手段を取っているやり方を最近多く行っている。

まあ不正利用はグレーかもしれないが

また、一定条件で運営側が「異常」と判断した行為、
いわゆるゲームを有利にさせる行為全般に関しても、
ネクソンは何も躊躇うことなく、BANから調査を始める。
良くも悪くもBAN慣れしているのでは?と思うのである。筆者的には

BAN慣れしすぎた運営とBANに怯える?プレイヤー?

無限に引けちゃうガチャ問題から露骨化してきた
運営のBAN慣れであるが、BANされた側はいくら解除されるとはいえ、
数時間から数日の間のタイムロスは間違いなくあるのでランカーだと
いつの間にかランク外へと帆降り落とされるリスクもある。
個人的にはBANではなくて、警告やあるいはロールバック(巻き戻し)
や、緊急メンテをするなども選択肢の一つだと思うが。
とりあえず、BANされたランカーはモチベーションは多少なりとも
落ちていることと信じたい。

最後に、BANは諸刃の刃であることを

とりあえず、僕が言いたいことといえば、ネクソンは最近
BANBANしすぎているのでは?ということだ。ここまでBAN
してきて(しかもバグでの無限引きの以降のBAN行為は特に
僕ですら理由が意味不明だった。まあBAN好きな運営という
レッテルが気に入ってるのであるのであれば、僕はこれ以上言わないけれど。

コメント

タイトルとURLをコピーしました