韓国メイプルストーリーMは4周年で、やっぱりネクソンのスタートダッシュ遅さが目立った

どうもこんにちは、財務です。
韓国のメイプルストーリーMが4周年キャンペーン
をしている中、対する日本のメイプルストーリーMは
1.5周年でなんだかサービスインの遅さを感じられるような
気がするのは気の所為じゃないはず…

まあこうゆうサービスのスタートダッシュの遅さが、
メイプルストーリーMじゃないけれど、特に
目立ったのはメイプルストーリー2のことだと思った。

特にメイプルストーリー2はメイプルストーリーM
が発表されるだいぶ前の作品で、
韓国での失敗から数年間以上は少なくとも
缶詰にされていたゲームですから。

まあメイプルストーリーMに関しては、
メイプルストーリー2と比較するとスタートダッシュ
は結構遅れたものの、スマートフォンが主流
になったのと、メイプルストーリーポケットから
そこまで年数が経っていない事が利点になった
のでしょうな。

ただ、そう考えると、
後4年は早くメイプルストーリー2をサービス
させればよかったんじゃないかなと思う。

対するメイプルストーリーMは、
今の時代ではベストマッチしてしまった。
これは悲しいが、スマートフォン端末の
スペック向上も原因の一つになっている
のは確かだ。

 

まあサービスを4年前にしても、
ネクソンの運営体制次第なんですが、
やっぱりパソコンからスマートフォンへどんどん
情報端末が小型化する中、メイプルストーリー2を
去年サービスインさせ、見事に撃沈したのは凄く愚策だと思う。

 

よろしければクリックお願いします。

コメントを残す