韓国メイプルストーリー2と中国メイプルストーリー2のBANリスク

韓国メイプルストーリー2と中国メイプルストーリー2のBANリスク

日本や、グローバル(北米鯖)のメイプルストーリー2が
諸事情で終わってしまった事もあり、その影響でサービスが
まだ継続されているだろうとされている
「韓国鯖」と「中国鯖」のどちらかに移住する人は多いと思う。
んなわけで鯖特徴とBANリスクを記載しておく

韓国鯖のメイプルストーリー2

とりあえず、箇条書きしてみた。

本家サーバーなので、アップデートが中国より先に基本的に行われる。
回線やスペックを考えると韓国サーバーの方が安定している。
VPN必須で海外接続はBANリスクがあるのでVPN知識は多少必須。
日本語でのローカルチャットは出来ない?というより暗黙のルールあり

韓国サーバーにおけるBANリスクについて

主な理由は日本を始めとした非韓国からの接続がリスクが高い。
ネクソンはテンセント(中国運営)と違って海外にはそこまで寛容ではないので、
VPNは必須なのと、無料のVPNは接続が切れやすいので、良質なVPN
を用意する必要性も場合によっては出てくる。

ただ、韓国サーバーは中国サーバーが重たくて遊べない!って人でも
場合によっては韓国サーバーなら快適!ってケースも有る。
この理由に関しては中国サーバーが重たい他にも中国サーバーは
重たい別のプログラムが入っていると思われる。

中国サーバーのメイプルストーリー2

箇条書き。例のごとく

本家ではないが、それなりにアップデートが早め。
サーバーが安定していない。加速器必須。
日本接続という理由でのBANリスクはない。
実名認証しないと色々厄介かも…
余計なプログラムのおかげで韓国以上にスペック必須。

中国サーバーにおけるBANリスクについて

韓国サーバーと違って、海外接続だからBANという事はないが、
お国事情で実名認証が突然強化され、それで詰んでしまう場合のほうが
リスクとしては大きいと思われる。また実名認証に関しては、
新しい情報と古い情報が混在しているため、現在の現状で言うなら
日本人だと結構厳しい…、かといって中国人の業者や、
知人に頼んでやってもらった場合、不正行為のようなことは
ぜったいにしてはならないとおもうんですよ。その人の
顔に泥を塗る行為ですからやってはなりません。

また、テンセントは中国人から、クソ運営と言われているそうだが、
一応ゲーム内での不正行為に関しては徹底的に凍結(BAN)をしている。
(だが、超課金者に甘いのもこの運営である。)

 

コメントを残す