どうゆうわけか2のシナリオには無印以上に報われないこの感覚

無印メイプルストーリーを遊んで、
メイプルストーリー2を遊ぶと、
なんだか違うゲームだなあって感じがしてならない。

どちらも可愛いゲームであるのはそうだけれど、
片方は17年もサービス続いている作品なだけ有って、
コンテンツ量が非常にボリューミーなのに対して、
2のほうは韓国失敗から随分と缶詰になり、日本で産声をあげた
時には既にスマホゲームが主流で中途半端にスペックを要求される
このゲームは1年で終了なのでそりゃあ、比べようがないといえばそうだが、
個人的にはメイプルストーリー2のシナリオにはそこまで
メイプルストーリーらしさを感じられないと思うのも原因かと。

個人的には無印版メイプルストーリーに対して、
暗めのシナリオが多いと言われているメイプルストーリー2だが、
自分的には一瞬、暗くても救いようのある話が多い無印メイプルストーリーと違って、
メイプルストーリー2は序盤プレイヤーと親交のあった仲間の兵士が殉死したり、
はては仲間のはずだったガタイの良さげな男が見事なまでの闇落ち…
そうゆうところを踏まえると敵サイドでも死んでしまったが天国でーみたいな
話になっている無印メイプルストーリーと比較すると救われない感じが拭えない。

特にメイプルストーリーでは闇落ちシグナスが、
モバイル版メイプルストーリーであるメイプルストーリーMによれば
捏造された世界でのシグナスというオチだったので、結局の所
闇落ちシグナスはパラレルワールドのシグナスであり、結局は
「もしも」の世界でしかならない。

またオルカスウのブラックウィングの
ウィングマスターの姉弟の話も、スウは死亡してしまうが結局の所
天国編がのちのちに用意されていたりするあたり、
そのうち魔族のデミアンもそうゆうシナリオが追加されそうな予感を
踏まえるとメイプルストーリーは無印である1では何かと
死んだ敵ですら救済されるが、対するメイプルストーリー2は
そうゆうところが優遇されない…どうしてなんだろう。

 

よろしければクリックお願いします。

コメントを残す