メイプルストーリー2が日本で失敗した理由を推測する記事です。

ネクソンのウェブマネープリペイドの特典アイテムに、
メイプルストーリー2が無かったあたりから、もうすぐで終わる可能性が
あったと思われる。少なくとも自分的には

そして昨日(2020/03/18)ついにサービス終了告知!

メイプルストーリー2 サービス終了(日本版だけ)

そういえば、メイプルストーリー2って発表当時から何年も
日本版こなくて、「日本版でたらやる」とか「日本版まだですか?」
とか言われてたけれど、結局サービス終了することになるので、
結局今はその人たちはどうしているんだろうかなとw

まあ本題に移るが、
メイプルストーリー2は客観的な視線から見れば、
決していい時期に日本での産声をあげられなかった作品
ではなかったと思う。理由としては運営の力不足というか、
悪くいえばコンテンツが未熟すぎるというかまあそれなんだけど、
少なくともこのゲームに関しては本家韓国をかじり、
中国鯖メインでやっていた経験上言わせてもらうと、
正直ダメな要素は北米サーバーベースの設定に頼ったのがNG!
に思う。キャラクタークリエイトをみるとそう思う。
まあここで長々と理由を書いても、理解するのはきついとおもったので、
以下、箇条書きで理由を書いてみようと思う。


日本におけるメイプルストーリー2失敗理由

以下は運営に対する辛口評価も含まれますので、
ネクソンアンチの方は是非楽しんで下せえw

1 サービス開始時期がすごく悪い。

同時期か少し前くらいに発表されて現在もサービスが続いている
メイプルストーリーMと比較すればわかるかもしれないが、
サービス開始の時期が悪すぎたのも原因ではないかと思っている。
理由としては簡単で、現在の日本のゲームの主流がパソコンからスマートフォン
端末に移行してからずいぶんと経っているこの時代に、フル3Dのゲームという
ゲームで挑んだのがそもそもの間違いだった。特にメイプルストーリーMが
受け入れられているのに対して、メイプルストーリー2が受け入れられず、
サービス終了決定が決まったのはたぶんこれもある。

2 キャラクリが余り自由じゃない(某国比較

日本版は、北米グローバル同様の色が条件で開放されるシステムを
採用してしまった為、良くも悪くもこのゲームをやりこまない限り、
あまり自由とは言えないキャラクリになってしまった訳だが、
これによりユーザーはあまり興味のない職業のキャラクターまで
やる羽目になってしまったという。まあレベリングは楽だが、
手間が多少なりとかかると推測ができるのでそこを考えるとイマイチ。

3 ユーザーメイドアバターを出品できない

韓国や中国ではユーザーメイドアバターを作成して、
運営の審査が承諾されれば、他のユーザーにデザインを販売して、
キャッシュポイントを受け取る事が可能なわけですが、
日本版にはそれがなかったので、結局ネクソン一人だけの金儲け
になってしまったというオチ。まあある意味R●Tって思われるかもしれないが、
一応仮にこのシステムが来た場合、ネクソンポイントの
ブルーメロット扱いで完結するので、そのような心配はないはずだが、
ようするにネクソン、審査がめんどくさかっただけなんじゃ?

4 メルを課金で購入できない割に…

中国サーバーをやり込んでいたときはお世話になった
メルを課金で購入できるシステムだが、日本版ではなかった。
そのため、マップ上にいくつか置いてある土地はほぼスカスカだったと
思われるし、あのマップ上の不動産めっちゃ値段もぼったくりなので、
維持費もさらにかかると考えるととてもだが、維持できないと思われる。
なお、課金で家賃払える機能もないので、結局お察し。
なお、ネクソンのアラド戦記では課金でゴールドという、
このゲームでいうメルが購入できるあたりを踏まえると、
これに関してもできるはずだった。つまりネクソンのめんどくさがり
(2回目である。オンラインゲームはネクソン!

5 もしかすると

ある意味メイプルストーリーMとならばせて、
どっちが成功するか、失敗すれば失敗した方だけ
切り捨てればいいし!まあ両方失敗すればどっちも切り捨てれば
いいだろう的な、いいかげんな考えでレースしたいために、
メイプルストーリーMと似た時期にメイプルストーリー2をMと一緒に
並ばせたのではないか?まで思ってしまうのは気のせいだろうか?

よろしければクリックお願いします。

2 件のコメント

  • たしかに。mか2どちらかを切るつもりでリリースしたのかもね。
    日本では本家、まだまだ頑張ってるようですし
    それにmも意外と好評みたいだし‥。
    mは自動狩りあるし
    それに、お金掛ければかけるほど
    強くなれるし(まあ、これは本家と同じだけど)スキマ時間にできるし
    本家が流行ってたときのキッズたちもmに多くいそうなイメージ 笑

    あと、パソコン持ってない人もいますからね
    スマホあれば一通り解決しますし

    • 毎度コメントありがとう!ハゲみになりますw

      ある意味打ち切り漫画のレースみたいな感覚だったんでしょうな。週間勝ネクソン!
      日本の本家無印メイプルは頑張っていると思われますが、ゆかりとリブートワールドがちょっと残念かな。
      Mはうまい具合にできている作品だと思われますが、自分的にはMのほうが課金ゲーム感を感じます。
      まあ本家のキッズはその後スマホメイプルMで彼女とか作ってそうなイメージですw

      そそ、パソコンないのもありますし、さらにいうとすれば、
      携帯の電波で賄う人もいるそうですよ。

  • コメントを残す